効能を知って温泉旅行を満喫しよう

厄年になる前に行う

厄除けに行く時期と破魔矢の飾り方

厄除けは、前厄や後厄そして厄年がくる年に行うものです。厄除けについていくつか知っておくと良い情報があります。それはいつ厄除けに行くのかということです。それは、除けに行くのですから、厄年に入る前に行うのが良いとされています。新しい年に入る前と言っても旧暦で考えると、昔は立春が新しい年とされてきました。ですから立春頃である節分までに厄除を行っておくと良いとされています。また、厄祓いの際にもらうことの出来るお守りなどで破魔矢があります。破魔矢は厄除けグッズとして飾る人が多いですが、飾る際に注意が必要です。それは自分の目線よりも上に飾ることです。飾る方角は決まっていませんが、その年年の凶の方角に向けておくと良いです。

一番大切なことは気にしない、気にする人は数珠などを身につける

厄年で工夫すると良いメリットは、一番は気にしないということです。厄年だからといって気をもむと、更に悪いループにはまってしまいます。ですから、気にせず、普段と同じようにしておくのが一番よい方法です。ですが、心配性の人などは、厄除けとしていつも身につけることのできるものを持っているのが良いです。一番身近で、つけやすいのが数珠です。厄除けの数珠として寺院などで販売していたり、パワーストーン専門店などでも販売しています。厄年の間できになる事だったり、邪気を防ぐものなどがお店などでも販売されているので、手にとってみるのも良い方法です。可愛らしいデザインのものも販売されているので、常に身につけることができ安心することができます。